1. ホーム
  2. 更年期の症状
  3. ≫更年期と体毛

更年期と体毛

更年期障害の症状は。日常生活に支障のある症状だけではありません。

女性にとって気になる悩みもでてきます。

ムダ毛の問題もその一つです。

更年期になってから、ヒゲが濃くなった気がする。

体毛が太くなった気がする。

すね毛が太くなってきて、男性みたいで恥ずかしい、などの体毛の悩みも、更年期が原因の症状です。

身体の中で女性ホルモンが、様々な機能調整を行っています。

エストロゲン・プロゲステロンは女性特有のホルモン、テストステロンは男性特有のホルモンです。

それぞれが女性と男性の性差に影響を与える働きがあるので「性ホルモン」と呼ばれています。

男性ホルモンには体毛を太く、硬くする働きがあります。

女性も男性ホルモンを持っていて、男性の10分の一程度の量と言われています。

一方男性も女性ホルモンを持っていて、女性の約半分の量と言われています。

更年期になり閉経が近づくとエストロゲンが減少しますが、男性ホルモンは減少しません。

そのため、性ホルモンのバランスが崩れて体毛が太くなったり硬くなったりするのです。

体毛の中には、性ホルモンが関係する毛としない毛があります。

無性毛は性ホルモンが関係しない毛でまつ毛、眉毛、側頭部や後頭部の毛などで、更年期になっても変化は見られません。

男性ホルモン特有の影響を受けるヒゲ、手足の毛、胸毛などが、更年期になり体内の性ホルモンのバランスが崩れることで、太くなったり硬くなったりするのです。

更年期に関係なく、男性のように太くて硬い体毛の女性がいますが。この場合は多毛症の可能性もありますので治療が必要になります。

病院に相談に行く場合には、婦人科に受診されると良いでしょう。

更年期でのムダ毛の自己処理方法は、若い時代の処理方法と同じで良いのかという質問がでることがあります。

加齢に伴い肌の状態は、乾燥していたり、外部の刺激を受けやすかったりと、敏感になっています。

自己処理方法は、肌に負担をかけず優しい方法も選び、処理後は保湿に心がけましょう。

更年期症状はこうして克服された