1. ホーム
  2. 更年期の病院との付き合い方
  3. ≫家族や職場に更年期の女性がいたら

家族や職場に更年期の女性がいたら

更年期のなると様々な症状がでるので、女性は心身のバランスを崩すことがあります。

自分の体なのに思い通りにならないし、原因不明の不快な症状に見舞われてイライラし、周囲の人に当り散らしてしまうことさえあります。

体がほてる、汗をかく、頭痛やめまい、肩こり、睡眠障害、無気力など更年期特有の症状は、他人からはわかりにくいため、周囲の理解が得られなかったりします。

病気であれば、病名がつき、治療、薬の処方があるのでわかりやすいのですが、更年期の場合はそういいきません。

病院を受診する人の割合もまだまだ少ないのが現状です。

職場でイライラしたりおこりっほくなった中高年の女性にたいして「更年期?」と聞く人がいますが、この発言は、その場の状況や性別によって受け取り方は色々でしょう。

例えばビジネスシーンで、このような発言をするのは性別に関係なく、避けたほうが良いと思います。

閉経と密接な関係のある更年期の話題をするのは、マナー違反ですし、質問された女性も不愉快な気持ちになるに違いありません。

男性の中には、更年期が閉経を示唆するものだという認識を持たずに、中高年の女性に対して気軽に更年期の話題をふる人がいますが、それは認識力不足と言えます。

又、家庭内でパートナーや母親が更年期にはいってイライラしたり疲れていた場合は、じっと静かに見守ってあげれば良いと思います。

家族ができることは、こういう時期なのだということを理解して、暖かく見守ることです。

イライラしている本人につい心無い一言をいってしまいたくなりますが、じっと我慢しましょう。

本人も周囲に八つ当たりして迷惑をかけていることはわかっているのに、自分をコントロールすることができなく、さらにイライラしている状況なのです。

家族は自然に振舞い、普通に接するように心がけ、本人がサポートを求めてきたら、できる範囲で応じてあげれば良いでしょう。

更年期症状はこうして克服された