1. ホーム
  2. 更年期の症状
  3. ≫若年性更年期

若年性更年期

更年期障害特有の症状が、更年期以外の年代に現れることがあります。
20代・30代の閉経を迎える年代とは無関係の世代人達に、更年期障害と同じような症状が現れるのです。

「若年性更年期障害」と言われています。

更年期の女性は卵子機能の低下によって女性ホルモン(エストロゲン)が減少することによって、様々な症状がでます。

一方、若年性の場合には卵子機能に問題はないのに、女性ホルモン(エストロゲン)が減少し、更年期障害と同じような症状が現れます。

若年性更年期障害の原因は色々ありますが、最も大きな理由にストレスがあります。

現代社会の人間関係はも非常に複雑です。

職場、家庭、学校など人が集まるところには人間関係が複雑に入り組み、ストレスなしというわけにはいかないのが現状です。

ストレスと上手く付き合っていける人ばかりではありません。

悩みを抱えているうちに大きなストレスとなり、若年性更年期障害の症状が現れてしまう人もいます。

又、ストレス以外の原因として極端なダイエットで生理が止まり、若年性更年期障害の症状がでる人もいます。

行き過ぎたダイエットは危険です。

バランスの取れた食生活をし、適度な運動をすれば、徐々に体重は落ちていくはずです。

年性更年期障害の症状がでてしまったら、食生活の見直しや適度な運動を心がけることの他にも、改善策はあります。

ストレスが1番の原因なので、精神を安定させリラックスすることが効果のある方法です。

好きな香りのアロマを焚いたり、アロマオイルでマッサージするのも良いでしょう。

趣味に没頭するのも良いでしょう。

効果的なストレスの発散方法は、自分の好きなことをして過ごすことでしょう。

更年期症状はこうして克服された