1. ホーム
  2. 更年期の症状
  3. ≫更年期の様々な症状

更年期の様々な症状

更年期には様々な症状があります。

更年期障害の症状のうち、ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり・多汗)、無気力、睡眠障害、いらいらなどは代表的な症状なので、自分でも「更年期かもしれない」と自覚しやすいのです。

又、こんな症状も更年期が原因だったの?という症状もあります。

例えば、肩こりや腰痛、ちよっとした疲れなど、良くある症状が、実は更年期が原因だったということもあります。

まさか肩こりが更年期が原因とは考えもつきませんよね。

更年期障害の症状のパターンが多すぎて、体の不調の原因が何なのかを判断するのは、とても難しいことのようです。

ですから、40歳を過ぎて原因不明の身体の不調がでてきたら、病院で受診するのが良いでしょう。更年期障害ではなく、病気の可能性もあるのですから、自己判断はよくありません。

こんなことで病院に行っても良いのかと遠慮する人がいますが、大切なのは自分の体です。
遠慮はいりません。

又、更年期障害の症状であるうつも、うつ病の症状と良く似ているので、判断が難しいと言われています。うつ病の場合は抗うつ薬、更年期障害の場合はホルモン補充法と治療方法が違います。

女性の場合には、何科かわからない場合には、まず婦人科へ行くことをお勧めします。

婦人科は女性の総合診療科だからです。

婦人科では、更年期障害の治療だけではなく、更年期以降の女性の様々に問題のアドバイス、サポートまで対応してくれます。

又、更年期障害の治療方法も、ホルモン補充療法の他にも、プラセンタ療法、漢方薬、食事療法、運動療法など、様々ですから、医師に相談しながら、最善策を考えると良いでしょう。

更年期症状はこうして克服された