1. ホーム
  2. 更年期の症状
  3. ≫精神面や肉体面に様々な症状が現れることがあります

精神面や肉体面に様々な症状が現れることがあります

更年期には、精神面や肉体面に様々な症状が現れることがあります。

どのくらいの期間が更年期がいうと、おおまかに言えば閉経にさしかかる45歳前後から完全に閉経する55歳前後の期間を言います。

症状の現れ方は個人差があり、全く症状がでずに更年期にさしかかったことを意識することもなく、更年期を終えるという幸せな方もいます。

一方で日常生活に支障をきたすほどの症状に悩まされるという方もしらっしゃいます。

更年期に現れる症状には、具体的に下記のような症状があります。

〈全身に現れる症状〉のぼせ・ほてり・めまい・動悸息切れ・多汗・原因不明の体重の増減・むくみ

〈運動器官系統に現れる症状〉手や足のしびれ・肩こり・腰通

〈精神的な症状〉うつ・神経質・不安・イライラ・睡眠障害・無気力

〈生殖器系の症状〉生理不順

〈消化器系統の症状〉食欲不振・嘔吐・吐き気

45歳を過ぎた女性で、病気ではなく原因不明で上記のような症状で悩んでいたら、更年期障害である可能性が高いと思われます。

更年期の症状の中で最も代表的な症状と言えば「のぼせ」「ほてり」です。

「のぼせ」は頭に血が上ったような状態で「ほてり」は体が熱くなったり、頬が紅潮したりする症状です。

身体が熱くなるので汗をたくさんかきます。

こういった代表的な症状のほかに、様々な症状が現れます。

更年期障害は病気ではありませんが、症状が重いことから仕事や日常生活に支障をきたすことがあります。

無気力になって家事ができなくなってしまったり、仕事にミスが増えたりすることもあります。

家族間や会社での理解が得られないためにストレスがたまり、精神的な症状まで現れることになってしまうということもあるのです。

更年期症状はこうして克服された