1. ホーム
  2. 更年期の症状
  3. ≫更年期のセルフチェック

更年期のセルフチェック

更年期に差し掛かるということは、閉経が近づいといるということを意味します。

閉経が近づくにつれ、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが減少していくので身体のあちこちに症状がでてきます。

生理の周期が崩れたり、日数が短くなったりといった明らかな症状の他にも、日常生活の中でおこるいくつかの症状があります。

最近は、セルフチェックシートといって、いくつかの項目が書いてあり、当てはまる症状にチェックを入れていき、チェックした項目数によって症状の強度を診断し、参考にすることもできます。

項目にあげられる症状には下記のような事項があります。

1.顔がほてったり、汗をかくことがある

2. 肩こりや腰痛がひどくなった

3.以前より手足が冷える

4.動悸・息切れをすることがある

5.睡眠障害がある

6.ちょっとしたことでイライラしやすくなった

7.躁鬱気味である

8.頭痛がすることが多い

9.めまいや吐き気がある

10.無気力になることがある

半分以上に該当項目があれば、なんらかの対策をしたほうが良いでしょう。

食事・運動・薬などの方法によって、更年期の症状を緩和することができます。

病気でないからと放っておかず、なるべく楽に楽しく更年期を過ごせるよう対策をとりたいものです。

又、現れる症状のうち更年期特有の症状と違って、肩こりや腰痛、冷えなどのように、更年期とは関係なく、もともと感じやすいという症状もあります。

こういった症状は、更年期が原因なのかもともとの肩こりの体質なのかわかりません。

自分で判断できない場合には、病院に行ってみるのも対策のひとつと言えます。

病院で血液検査をして、血中のFSH(卵胞刺激ホルモン)の量を測ることにより、正確に知ることができます。

更年期症状はこうして克服された