1. ホーム
  2. 更年期の症状
  3. ≫更年期は恐いものではありません

更年期は恐いものではありません

更年期というと、辛いもの、恐いものというイメージをもっている人も多いと思います。

更年期の後に障害という言葉がくっついているのですから、辛いというイメージを持ってもしかたないことです。

実際に更年期の重い症状で悩んでいる人もいますから、辛いのはたしかです。

けれど更年期障害は病気ではありません。

正しい知識をもって更年期と向き合えば、恐いものではないはずです。

たしかに更年期になると辛い症状に悩まされたり、日常生活に影響を及ぼす場面もでてくるかもしれません。

もし、辛い症状がでてきても正しい知識があれば、うろたえたり不安に思う必要はありません。

「ついに、私にも更年期がきたな」と思うくらいの気持ちの余裕を持てたら良いですね。

更年期になったら、できる範囲で日常生活を工夫してみましょう。

食生活に大豆製品や乳製品を積極的に増やしてみる。

食生活に栄養が不足していたら、サプリメントで補ってみる。

症状が辛くなったら、病院の婦人科を受診してみる。

なかなか眠れないときには、好きなアロマをたいてみたり、お気に入りの音楽をかけてみる。

温かいホットミルクを飲むのも良いかもしれません。

対処方法は色々あります。

他にも様々な対処方法がありますから、色々試してみて自分にあった方法を見つけると良いでしょう。

障害の重度には個人差がありますから、これと決まった対処方法はありません。

食事、運動、病院、趣味などを上手に利用して、更年期が幸年期として過ごせるようにしたいものです。

そして、更年期を過ぎてからの長い人生を楽しく健康に過ごしていきましょう。

更年期症状はこうして克服された