1. ホーム
  2. 更年期の症状
  3. ≫日常生活で簡単のできる更年期障害の予防

日常生活で簡単のできる更年期障害の予防

更年期は女性なら誰でも経験かる期間ですが、更年期の症状を重く感じるかどうかは個人差があります。

誰でも更年期の症状を軽くしたいと願っているはずです。

更年期障害を予防するには、いくつか方法があります。

姿勢を正しくたもつ。

簡単なようですが、正しい姿勢で過ごすというのは案外難しいものです。

正しい姿勢を保つことは、背骨を支える脊髄起立筋が鍛えられだけでなく、血流を良くし、エネルギーの代謝を高めて健康的な体を作り、更年期障害の予防につながります。

街中でスマートフォンや携帯電話をしている人も良くみかけますが、肩を丸めて下を向いていることが多いので、良い姿勢とは言えません。

意識しても正しい姿勢を保つようにしたいものです。

バランスの良い食生と十分な食生活を心がける。

疲れをためないためには、食べることと寝ることです。

生きるための基本的なことです。

睡眠時間は、個々で必要な睡眠時間が違うでしょうから、一概に何時間睡眠をとれば十分ということはないでしょう。

これだけ寝れば大丈夫という睡眠時間を確保し、バランスのとれた食生活を心がけましょう。

適度に体を動かしましょう。

学生時代には体育の時間があるので、最低限に運動する機会があります。

しかし、社会人になると、自主的に体を動かす機会を作らないと、体力はどんどん落ちていきますし、体は硬くなっていきます。

体を動かすことは骨を刺激し、血液の循環をスムーズにし、新陳代謝を活性化させるので大切なことです。

更に、体を動かすとカルシウムが骨に定着しやすくなり、更年期障害の予防にもなるのです。

運動する、体を動かすといっても、大げさに考えることはありません。

運動ほする時間がとれなくても、普段の生活の中で、階段を使う、だらだら歩かずリズム良く歩くなど少しの心がけでかまいません。

日常の心がけが大切なのです。

更年期症状はこうして克服された