1. ホーム
  2. 更年期の症状
  3. ≫更年期とダイエット

更年期とダイエット

●若い時にはいくら食べても体重が増えなかったのに、今はたいして食べてないのに直ぐに体重が増えてしまう。

●食べ過ぎて体重が増えても、少し気にかければ直ぐに体重が戻ったのに、お正月に増えてしまった体重が、半年たっても元に戻らない。

などのように、更年期になると体重管理に苦労する女性が増えます。

又、若いころと体重は変わっていないのに、身体り肉のつく場所が違う、昨年履いていたロングブーツのジッパーがあがらなくなって、ブーツがはけなくなったなどのように、体重維持はしていても、体型が変わってしまったと悩む女性もいます。

「中年太り」という言葉がありますが、一般的に更年期になると太りやすく痩せにくくなります。

この現象の原因は、エストロゲンの減少だと言われています。

エストロゲンには、コレステロールを低く保ち、内蔵脂肪がつきにくくするという働きがあります。

更年期に入ると、エストロゲンが減少していき、完全に閉経するとエストロゲンはほとんど無くなってしまうそうです。

エストロゲンがないのに、若いころと同じ量の食事をし、運動量が少なくなれば、身体に脂肪がつきやすくなるのは。当然かもしれません。

さらに加齢に伴い、基礎代謝・新陳代謝が減少する為、体重増加に拍車がかかります。

更年期の体重増加をする為には、食事の質、量、カロリーに気を配ることと、適度に身体を動かして基礎代謝をあげ、筋肉量を増やすことが大切です。

食事の質は、栄養のバランスが重要です。

炭水化物や脂肪分のあるものは控えめにして、野菜や大豆製品を多く取り入れましょう。

してはいけないことは、食事を抜くという行為です。

食事を抜くのは、逆に太りやすい体質にしてしまうこともあるといいますから、気をつけましょう。

更年期症状はこうして克服された