1. ホーム
  2. 更年期の症状
  3. ≫更年期と冷え

更年期と冷え

1年を通して冷え性に悩んでいる女性は案外多いのではないでしょうか?

夏でもエアコンの効いた室内、スーパーの生鮮食品売り場など、身体の冷える場所がありますから、薄手の羽織る衣類を持ち歩いている女性も多いと思います。

又、冷え性の悩みは年齢に関係ありません。

冷え性の女性に共通している症状には、こんなものがあります。

肩こり、頭痛、めまい、動悸、息切れ、神経痛、生理通、生理不順などです。

女性特有の病気の原因のほとんどが「水」「冷え」からきているそうです。

冷えると物は硬くなりますから、身体も冷えると硬くなります。

身体が硬くなると血液の循環が悪くなり動き辛くなります。

特に下半身が冷えると大便、排尿、生理に影響を受けます。

便秘になったり、頻尿になったり、生理不順になったり、早く閉経したりします。

ですから、冷えを改善することは、更年期特有の症状を改善することにつながるのです。

身体を冷やさないためには、身体の外側から温めることも必要ですが、内側から温めるようにしたいものです。

冷蔵庫からだしたばかりの冷えた水やお茶ばかり飲まないようにしましょう。

寝る直前喉が乾いてしまったら、水ではなく白湯が良いでしょう。

又、野菜はサラダにするよは、温野菜のほうが身体が温まりますし、量もたくさん食べられます。

冬の就寝時には湯たんぽがおすすめです。

エアコンの暖房をかけっぱなしにすると室内が乾燥しますし、電気毛布は身体の水分をとってしまうのでお勧めできません。

病院で入院患者さんに湯たんぽを使用していることからも、自然の暖かさで身体を温めることは良いのだとわかりますね。

その他の身体の中から温める方法としては、漢方薬やサプリメントの使用もあります。

自分にあった無理のない方法で、身体を温め、体の血液の循環を良くし、体質管理をするのが大切なことだといえます。

更年期症状はこうして克服された