1. ホーム
  2. 更年期の病院との付き合い方
  3. ≫更年期を上手に過ごすために心がけたいこと

更年期を上手に過ごすために心がけたいこと

更年期は自分自身の問題です。

話を聞いていれる家族や友人の存在は大切ですし、病院での治療も効果があります。

家族や友人のサポートは有難いものですが、甘えてばかりもいられません。

結局は自分自身の問題なので、自分で何とかするよりないのです。とは言っても、大げさに身構える必要はありません。

少し気持ちを切り替えるだけで楽になることもあります。

下記にちょっとしたヒントを列記しましたので、参考になさってみてはいかがでしょうか?

①更年期の辛い症状がでたら、病院へ行く。
何科か迷ったら、婦人科に行ってみよう。婦人科は女性の総合診療科である。

②病院を上手に利用しよう。医師には気軽に何でも相談、質問しよう。

③本屋ネットで自分でも調べ、患者力を高めよう。
患者力を高めれば、自分が何を悩んでいるのか見えてくる。

④何でも完璧にやろうと思わない、辛い症状の時には、家事は手抜きしよう。
仕事は手抜きできないが、上司に相談したり、同僚に手助けしてもらえることもある。

⑤食生活はバランスよく、おいしく食べよう。
バランスに気を使うあまりにストレスになってしまったら逆効果。たまには外食で済ませよう。

⑥睡眠、休養を心がけよう
寝つきが悪ければ、サプリメントを飲んだり。アロマをたいたり工夫しよう。

⑦体を動かそう。特別な運動でなくても大丈夫。

⑧仕事や趣を通じて多分野での人の輪を広げてみよう。

⑨子供はいずれ巣立つ。バートナーとの良い関係作りはできていますか?

⑩ストレスを溜め込まない、我慢しない。

ちょっとしたことですが、少し意識を変えて生活することでも更年期をスムーズに通る手助けになるかもしれません。

更年期症状はこうして克服された