1. ホーム
  2. 更年期の病院との付き合い方
  3. ≫更年期障害と針灸治療

更年期障害と針灸治療

更年期障害の程度や症状は個人差が大きく感じずにすっと過ぎてしまう人もいればも、辛い症状に日々悩んでいる人もいます。

食事の改善、気分転換、運動など色々試してみたけれど、一向に改善しない場合には病院の婦人科で受診されるでしょう。

病院ではホルモン補充療法の治療が一般的です。

これは減少してしまった女性ホルモンを補充する方法になります。

針灸を使用した方法は逆の考え方になります。

女性ホルモンが減少してしまった状態に身体をあわせてあげるという療法です。

今まで分泌されていた女性ホルモンが減少してしまい、身体がその変化について行けず色々な不調を引き起こしてしまっているのが更年期の状態です。

減少したホルモンを補充するのではなく、ホルモンが減少してしまった状態でも健康でいられるような自然治癒力を引き出すという方法です。

ホルモンを補充する薬物療法は、長期間補充し続けなければなりませんがもこのような治療方法ですとも更年期が短くて済むという人もいます。

自然治癒力を引き出すというこの方法は、ナチュラル嗜好の方には良いかもしれません。

又、更年期障害の症状は、自律神経失調症の症状と良く似ているため、治療方法き、同じ様な傾向の治療になるようです。

ただし針灸治療は、自然治癒力を引き出すという観点から考えても、100パーセントの効果はありません。病院の治療と併用して針灸治療をすることにより、相乗効果が期待されます。

更年期の障害は時期がくれば治っていくものですが、だからといって辛いのを我慢して過ごす必要はありません。
自分あった対応策は見つけましょう。

更年期症状はこうして克服された