1. ホーム
  2. 更年期の病院との付き合い方
  3. ≫更年期の病院との付き合い方

更年期の病院との付き合い方

更年期は特別なことではなく、女性の生涯の中で必ず訪れるものです。

身体と心の転換期と言えます。

更年期の症状は個人差が大きく、辛い症状で日常生活に影響があり悩んでいる人もたくさんいるようです。

しかし、更年期障害の悩みというのは、閉経が絡んでいることもあるためか、なかなか人には相談し辛いという側面を持っています。

又、更年期は病気ではないという先入観があるためか、更年期の症状を病院で治療できるという発想がなく、そのまま放置して更に症状を悪化させてしまっているケースもあるのです。

実際に病院で受診する人は、全体の25パーセントくらいと言われています。

さらに受診した人のうち「更年期障害だ」と自覚して受診する人は。その半分にもみたず、何の病気かわからないまま、受診を受けているそうです。

精神的症状の場合には心療内科で受診する人が多く、更年期障害なのにうつ病と診断されて、抗うつ薬を処方されてしまい、症状がちっとも改善しないという人もいるようです。

心療内科や内科で受診して改善がみられず、最後にやっと婦人科にたどりついて「更年期障害」だとわかったというケースも多いのです。

最初から婦人科を受診しないのには、婦人科は妊娠・出産で受診する科で、更年期の症状を診察してもらえるとは知らなかったという人が多いという背景があるようです。

たしかに婦人科の待合室には、妊婦さんがほとんどで、中高年の女性を見かけることは少ないように思います。

若い妊婦さんに混じって待合室にいるのは抵抗感があるというのは、理解できます。

そもそも婦人科は妊娠・出産だけの専門科ではありません。

月経の障害や女性ホルモンの障害から起こる症状に対応する科です。

婦人科は女性の為総合医療をする科ですから、もっと気軽に婦人科を利用すると良いでしょう。

更年期症状はこうして克服された